2015年3月31日火曜日

パッケージ研究

もうすぐDACCにセアロが訪問されます。オイルの成果を見て頂くために、みんなで作成計画をたて、毎日25個~75個ペースで進めてます。まだまだ水の分量、温度、タイミングなどによって、出来上がりが違うので安定した状態ではできてないのですが、不思議とオイルは同じようにきれいでよいにおいのものができます。

発酵している様子をみると、ずいぶん仕込みの仕方で異なるので、菌とくれば作るときの意識も大事だよね~と、昼食の時間もココナツ談義に花を咲かせています。

先日手作りした秘密兵器?も活躍中で、以前に比べてずいぶん効率よく、衛生的にできるようになったとは思います。
日本から油専用の高密度のフィルターを入手してみたり、入れ物も保存も移動もきちんと管理できるように日本からパッケージを持ってきました。

 フィルターは、これまでに、さらしやキッチンペーパー、コーヒーフィルター、お茶のパック、脱脂綿…など色々ためし、最初は8回ほど通していましたが、フィルターを工夫し、容器の移し替えを極力減らして、現在は5箇所のフィルターを通すことで定着してきました。


容器は1リットル、500ml、300mlのパッケージがありますが、この通り透明のパックにしたので保存の状態が管理しやすいです。

男子チームが頑張っているため結構できがってきていますが、ココナツの果肉を削る機械も簡易なものなので、とても危険。今日も1名指を負傷してしまいました。

繰り返して実験すること、毎日やり続けることで、課題は出てきますが、積極的に分量や工程を変更して様子をみるとか、機械や道具についても保管や使い方を工夫するなどすることを、積極的に自発的にやっていることが嬉しいですね。

ミャンマーでは1歳でも年が違えば礼儀を正すことをする習慣があり、また、教えてくれる人には先生、と呼んできちんと敬意を示します。
研修生でビシビシとしごかれたWさんが、4歳年下の通称英男君に一生懸命日本語や生活、意識の持ち方などを、一緒に汗を流しながら指導し、英男君も先生、先生と慕い、弱音を吐かずに頑張っている姿を見るのはうれしいものです。

ますますよいココナツオイルができますよ~♪