2015年3月9日月曜日

まず、やりますっ!!

「日本で今、ココナツオイルが流行っていてね~、ココナツオイルの見本送るんで、なんか考えてやってみろ~~♪」というメッセージが、暑い暑いカンボジアに届きました。

カンボジアやミャンマーの田舎で何か自立につながる仕事創りを考えていたので、それならもしかするとできるかも。ココヤシはあちこちあるし、良い物ができれば、土産物ぐらい作れるかな…。目指すは、ミャンマーの農村部で生産、ですが、まずは色々研究してみなければ…。そういう時は、このDACC拠点は役立ちますねー。DACCはなんでもやりまっせーー!

地元のフレッシュなココナツ!
そこで、DACCのココナツプロジェクト、名付けて『COCO-DACC』♪
「ここ、ダック?」じゃなくて「ココダック」(かわいくないな)プロジェクト開始ーー!

早速日本のみなさんが凄い!と言っているココナツオイルをサイトをあちこち検索して研究。そして地元の市場を調査。

ココナツ油と言えば、まず思い出すのは石けん。いつの日だったか、石川の拠点でも石けんづくりに励んでみたこともありましたっけ。その経験?を活かすべく、ここで自作オイルで、手作り石けんをやってみてはどうかと、まあ、気軽に考えてみたわけです。

DACCにスクーターを寄付して頂く前は、ほぼ毎日お願いしていたトゥクトゥク(荷台のついたバイクタクシー)のお兄ちゃん達。このところは、DACCスタッフも自分であちこち行動するようになり、海外から訪問者が来る際のお迎えや、実習ファームに行く時ぐらいしか、DACCでお願いするお仕事のなくなったトゥクトゥクのお兄ちゃん達ですが、ここの重い荷物の移動や、実習ファーム炎天下での作業にも、知らない間に手伝いに来てくれます。

今となってはDACCの心強い地元サポートメンバーですね。DACC常駐スタッフのKABA子が、「まずはオイルを作る道具や材料を見つけよ!」という指令にいちもくさんに市場へ…。トゥクトゥク兄ちゃんのスムスさんが、市場調査にも喜んで同行してくれています。すると、実は自分も雨季はお客さんがなく収入がないから、石けんを作ろうと思って昨日作り方を調べていたということ。

ならば一緒にやりながら、地元の皆さんの仕事創出、そして地元の皆さんへ良質の油や石けんを使ってもらえる計画を立ててみましょう、という話になりました。

インドネシアやフィリピン、はたまた西洋先進国の家庭で作っているオイルづくりをいくつかYouTubeで一緒に勉強。早速やってみることに。

市場にいけば、あるある、ココナツオイル作成に必要な道具、材料。ココナツの殻を割ると中からフレッシュなジュースが溢れだします。そして、秘密兵器のマシーン(モーターに、金たわしと洗面器がくっつけてあるように見えますが…)で新鮮ココナツの果肉を削り出し。

ミャンマーの研修生(通称:英男君19歳)とウィン先生、スムスさんの男子3名、ちゃっちゃかと作業を進めます。3人とも、南国生まれ、ココナツには親しみはあるものの、実際にオイルづくりをするのは初めて。しかしながら、子どものころから馴染みのある身近な材料ですから、ここは自信をもって、ああだ、こうだと自信満々にやってます。日本人メンバーはサポート役。殻に残った果肉をスプーンでゴリゴリ、もったいない精神だけは譲れません。


…ところが、大活躍のはずだったマシーンのモーターから煙が立ち上がり、臭いにおいがしはじめて中断。ココナツ3つ削っただけなのにー。あたりも暗くなり始めているので、ここでひとまず削れただけのココナツの果肉でココナツミルクを絞り、入れ物に移して発酵・分離させます。

日本では、体中に塗ったり、口をゆすいだり、バターにして食べたりというココナツオイルづくり、、、と思うと、こんな素手でモミモミの様子は見たくないですね~、ごめんなさい。今回はまず初めての試みということで失礼しまーす。


実験第1号です。はてさて、ほんとにオイルなんてできるのかしらね。